帯は5段階あります。下から白・青・紫・茶・黒という序列になっています。他の格闘技経験者であっても必ず白帯から始まります。指導者により、試合結果や練習態度などが考慮され上の帯に上がって行きます。一般的に黒帯になるには10年以上掛かると言われています。館山トップチームでは茶帯が最も上の帯です。
柔道経験者によく見られるのが練習初日に黒帯を巻いてくることです。柔道では有段者は初段から黒帯を巻くことが出来ます。が、「ブラジリアン柔術」は柔道ではありません。柔道有段者であっても、白帯を巻いての練習を義務付けます。